いないから くるしい

いないから くるしい

yunaping が水曜から滋賀の実家にお泊りしている。

「yunaちゃんいないから halu くるしい」

halu は毎日そう言う。

暖かく晴れたから、自転車で用事を済ませがてら、五月山公園に。
きのうも今日もおにぎり持参で。

halu は、うさぎに草をやったり、名前を聞いたり、
にわとりが登場すると、「コッコ」と鳴かないのかと係のお姉さんに質問したり。

ひつじは、ちょっと怖くて近くまで手を出せない。
手すりに置いたえさを指さし、「ここに置いてあるよ」と必死で声をかけて。

そして、何度も何度も大滑り台を滑って。

明日はyunaping を迎えに行く日。halu のくるしい気持ちも終わる。