意外だった~とお母さんが発見した月曜日

7月27日、大阪府池田市の個性的な算数塾 ○塾―わじゅく―さんで、お手伝い塾を開催しました。

3歳~小4までの8人の子どもたちとお母さんたちと一緒に、考えたり、聴きあったり。
そして手と身体を使って親子で家事をすること、それは楽しい!を
体感していただきました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

私は毎回、実習前に子どもの本音をあれこれ聞くワークが楽しみです。
3歳でも4歳でもいっぱい語ってくれます。
今回もいろいろ聞き出しましたよ。
お手伝いのいいところ。

「おさらがきれいになるから気持ちいい」
「洗ったときに気持ちいい」
「洗濯ものをほしたときに気持ちいい」
「おふろの中がすき」
「そうじがいい。床がきれいになるから」
「長いタオルや自分の洋服をたたむところがすき」
「たまねぎの皮めくりがすき」
「(ゆでた)お芋の皮がペロンとめくれておもしろい」
「料理がいい。覚えられるから」

「ママがありがとうって言ってくれるから」
「ママといっしょにやることがすき」
「ママがぎゅーっとする」
「ママがまたいっしょにやろうねって言ってくれる」
「ママにほめられる」

「きれい」で「気持ちいい」のがすき。
「うまくできる、うまく手を使える」とそれがすきだし、気持ちいい。
そして、ママ。こんなにも子どものお手伝いにキラキラと大きな存在。

子どもたちは、感じていますね。
他の子の話を聞いて、やってみたいなーと思ったり。
お手伝いのいいところに気がついて、うれしい気持ちがふくれます。

 

お母様の感想から

「いつもは面倒がられてしまうことも多いお手伝いを、子どもたちは「喜ばれるのでうれしい」とプラスに考えていることがわかってよかった。意外でした。」

「子どもたちが、思っていたよりも、”お手伝いができる自分”を誇りに思っている様子を感じられた」

「お手伝い力=自分で生活する力(身の回りのことをできる力)と考えていましたが、「体を使う」や「人の役に立つ(頼り頼られ)」力があることに初めて気づかされた」

ほかにもたくさんのご感想をいただきました。
帰り際にお母さんたちはみんな優しいまなざしで、親子でニコニコ顔。
ニコニコ母さんを増やしたい私もニコニコ。
すてきな親子さんたち、またお会いしましょうね!

150728_1

お母さんも一緒に。次に続く子たち、しっかり見ていますね。