温かいところから来たんだから

今週は次女が小学校を卒業しました。

小学3年生から竜王町に引っ越してきて、池田がよかった、友だちに会いたいとよく言っていた次女。

こちらのみんなが共通に持っている過去の経験や記憶を、自分は持っていないから寂しいと。小さな町ならではの混じり気のなさ。
幼稚園のこと、1、2年生のこと。

高学年になると、学校に行きたいのに行けない、楽しいこともいっぱいあるけど、と苦しく息切れした日々。

卒業式のプログラムとともに祝電がいくつか印刷されて配られた中に、

近くて遠い池田市から届いた、次女の幼稚園の先生からの電報が。

こんなに温かいところから来たんだから、そりゃ寂しいよね、とわたしは泣き笑いです。

そして、池田でも、竜王でも、親子でご縁に恵まれ、支えられていることに感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。

卒業式は、先生方とPTA学級委員さんたちの工夫とサプライズがたくさん盛り込まれ、歌いっぱいでした。
限られた中で選びとると大切なことは何か、とよくわかる式でした。