のんきな日曜 制作するというのは、自分を見ること

日曜日にひだまりでワークショップがあるよ〜と言ったら、ガラスアート体験をやりたい♪と中2次女。
一緒に遊びにいこか、ということでわたしも。写真がソレ。
何描こう、どんな感じにしようか、とだけ頭を使うのが気持ちよかった。
詰まっていたあれこれが、からっぽになる感じがして。

次女はこれと決めた図案があって、それに向かっていく。なんか違う、うまくいかない、なんやかんや言いながら。
わたしは、そーかー、それええやん、と横でのんきにしながらも、
ああ、そういう感じなんやな、いま。
と娘を感じる日曜日。

帰り道、
うまくできない自分にイライラしたわー、と話す次女は、もう自分をふりかえり、さわやかに笑っていました。

制作するというのは、自分を見ること。


◆子どもの居場所づくり 土曜倶楽部つちっこ
インスタグラム「tuchikko」 https://www.instagram.com/tuchikko/