「お手伝いは必要だ」と思っているものの、約半数は悩みを抱えている

「お手伝いは必要だ」と思っているものの、約半数は悩みを抱えている

97%の保護者が「お手伝いは必要だ」と思っているものの、約半数は悩みを抱えているそうです。(7月2日NHKEテレ「ウワサの保護者会」番組アンケートより)
http://www.nhk.or.jp/hogosya/pdf/nhk_etv_hogosya12.pdf

—————-

先日お会いした、幼稚園児をお持ちのお母さまがおっしゃっていました。

「私は、お風呂やってきてって思うのに、台所へこれ切りたい~ってやってくる。
でも、台所はちょっと面倒やし。
でも、やっぱり、子どものやりたいっていうことをさせる方がいいのかなあ?」

お母さんのココロは揺れ動きます。

いいのかなあ、とは思うけど、なんでいいのか、はっきりわからない。
やらせてみたけど、めちゃくちゃになって、もういややーと思ったり。

いややと思いながら「とにかくやらせればいい」というもんでもなさそうです。
何か、親も「よさを実感できる」と救われますね。
どうせなら納得して、笑っていられる方が楽ですね。

——————

夏休み、家事塾の「親子のためのお手伝い塾」池田でも開催します。
悩みやモヤモヤがある方は、少し晴らしにきませんか(^^)/。
ない方は、お子さんとの時間をさらに楽しみにおいでください(^^)/

201508otetsudai_ikeda2pr_01