子どもたちが見つける「うれしいと感じる自分」

img_5861

きれいに晴れた冬の日、うの家(滋賀県守山市)にて「子ども家事塾~おうちで育む自立力・年末編~」開催しました。

家事塾では、年末の大そうじを単なるそうじではなく、
家に幸せをもたらす歳神様を迎える、気持ちのこもった行事として子どもたちに伝えています。

かぞくで新しい年、お正月を気持ちよく迎えられる準備として何をしたらいいかなあ、
いつもの掃除とどこが違うと思う?
どうだったらもっと楽しいかなあ
今年はどうする?

みんなで聞きあいました。

「トイレを掃除する!」
「自分の机のところをきれいにする!」
「いつもよりていねいにする!」
「すみっこもする!」
「終わったらお菓子を食べる!」

それぞれいろいろ。出てくる出てくる。

家事塾ならでは! 今回も、手や身体で感じてもらいましたよ。

15435909_1128229983962464_1734778403_ns

できるだけ、からだを楽に。
そのためには、どう使う?

15398888_723476637807074_1173719764_os

ぞうきんレースは自分ひとりで味わいたい今回のメンバーたち。

拭き上げて終わりだっ!

体いっぱい動かして、やってみてどうだった?
ふつうのほうじ茶だけど(笑)、会話は弾みます。
大そうじ本番の日も、終わったらかぞくでほっこりする時間が楽しみですね!

img_5865

家での本番のために次は計画。

「私は○○をする!」
「お母さんは何をしたい?」

子どもたちがリーダーシップを発揮して、お母さんも協力してどんどん話が進みます。

「これはいやだなあ」
「じゃあ、お母さんといっしょにするのはどう?」
「それならできるかもー」

楽しい時間がやってきそう!
子どもたちが「自分でできる」「人の役にたつ」
そう感じられることが、自分たちの中にいっぱい見つかりました。
そしてそれが「うれしいと感じる自分」もね。

ご参加のお母さんから、感想をいただきました。

自分で◯◯しよう!って感じてくれたことが嬉しかったです✨

素敵なヒントを貰えた時間でした。
どう伝えたらうまくいくか?これ、なかなか分からなかったんですよ。
子供達と一緒に私も学ばさせてもらいました

ニコニコ笑顔いっぱいになって、帰られました。
ほめる、の次へご案内できました。おうちの時間が変わりますね!

ありがとうございました。