おひなさんは飾るときが楽しみ

「あ、もうおひなさん出さなあかんね」という言葉とともに始まる桃の節句。
ああ、もうこの時期か、と季節の流れを感じるのが行事のいいところだな、と思う。
今年は実家にある私のおひなさんを飾る。

やろうやろうと9歳は前のめり。
いっしょにやろうよーと14歳の姉に言ってみるが
「べつにいい」と言われ、「やらないってなんやねん!」と憤慨していた。
うずうずしてやりたい時期も期間限定だ。

まずはおひなさんを飾ってみたら、あとから屏風が置けないやと気づき
ようやく並べ方の図を見ながら、何から置けばいいかなあ、と考えていた。

何かなあ、と合いの手だけ入れて見ているとおもしろい。

「これとこれ、どこが違うんかなあ。あ、ここか。だったら、ここか。」
五人囃子を見比べて、図の通りに置きたい9歳。

「これは何の道具なんやろ?」

つぶやきを聞いてると話したくなってきた。

私が子どものときも、そうやって並べるときがすごく楽しみだったわ。
お人形さんごっこのスペシャル版みたいで。
でも、私は小さい道具を出すのが一番好きやったなあ。
これ、何するもんやろ? どう並べよかな。
そういうこと考えながら触ってるのが、楽しかったなあ。
そやからかな、古い道具とか見るとわくわくするわ。
お雛まつりより、出す時が好きやったんやわ。

ふーん

子どもの時の思いを思い出して子どもに話す。
大人になったら、どっかで思い出すかな。
こういう時間が今は何よりやなと思う。

 

母はいつも「旧暦だから4月まで飾る」と言っていた。
一年に一度やから、しまうのが惜しい、と。それが本音。
ま、出すのもゆっくりだから、それにならってしばらく楽しもう。

 


\募集中です/

【「お手伝い」が育む子どもの力~親だからできること~】
3月7日(火)11:00ー12:00
場所:ジェイアール京都伊勢丹7F「ワンサカンサ」
TAMワラビーっ子くらぶ主催ママサロンの会
(お申込み)成基ドリームチーム 0120-10-3833
http://www.seiki.co.jp/tam/course/2016_mamasalon.html
またはお問い合わせフォームより

【おとな家事塾:子どもが伸びる家のコト 1~6歳編】
3月14日(火)10:30ー12:15
場所:コラボサロンラボ(JR守山直結 セルバ守山1F)
(詳細・お申込み)くわしくはこちらをクリック

【子ども家事塾:自立の力はおうちから。子どもを伸ばすお手伝い講座】
3月31日(金)10:30ー12:00
クルールきょうとママ’sカレッジ
(詳細・お申込み)クルールきょうと4月号詳細ページ